スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国籍法改正案 直ちに 廃棄せよ


政治 ブログランキングへ



雨の秋葉原 国籍法改悪案の反対デモ 
全国各地で 自発的な反対集会やデモが行われています 一人一人の戦いの気概は やがて 日本国民 いや世界を動かします 


フィーリングで決めた最高裁判決に便乗した 目くらまし国籍法改悪法案 

2008.6.4の最高裁は 未婚の日本人男性とフィリッピン女性との間に出来た子供に、結婚していないのを理由に 日本国籍を与えないのは 憲法14条に違反すると判決を出した。

最高裁判決で、1984年の法改正当時は、「父母の結婚が日本との密接な結びつきを示すとしたことに理由はあった」と述べ、当時は違憲ではなかったと述べている。

「当時は違憲ではなかった」ということは、「今では、当時のような考え方は違憲である」と言い換えることが出来る。

つまり、あの頃と時代は変わっているから、日本人の未婚男性が、外国の女性と遊んで出来た子供でも、生まれた子供には罪はないのだから 日本国籍の取得を認めてあげてもいいのではないか という考え方である。

また、国際条約が出生による差別を禁じていることも取り上げて、両親が結婚していない子だけが国籍を取得できないのは、可愛そうだ。差別だ。と結論づけた判決でもある。

それでは なぜ、当時は 未婚の日本人男性が外国人女性とできた子供に日本籍をあげなかったのは違憲ではなかったのに、今は違憲になるのか ということについて 「おかしいじゃないか」と指摘する方たちがおられるが、それについて、国民に納得のいく説明が欲しいものである。

日本国の存亡を左右するような重大な国籍法を、一部の国会議員で国民が知らない間に採択された、また、国民に情報が行き渡らない間に採決された、

国籍法改正案について、テレビや大手新聞で、時間をかけて 論議をし尽くさないままに いきなり、本会議で採択されたのである

これは創価学会からの被害を受けている人間から言わせてもらうと、本会議で、議員全部が、被害者に行っている思考送信技術により集団マインドコントロールされてしまったのではないかと思ってしまうほどの暴挙である。

今、犯罪組織である創価学会=公明党が この国の政治のキャスティングボードを握っているから よけいに、今回の目くらまし的な 国籍法改悪法案の採決に 危機感を覚えるのである。

日本国の将来は最終的には国民一人一人が責任をもたなければならない。今回の国籍法改正案の採択は、国民に一切の告知もなく、国会に提出され、可決されたということは、創価学会の池田大作の「日本乗っ取り」に、手を貸してしまったことになるのではないか。

闇の勢力(創価学会とその他の利権屋)が、純日本人の精神性や、日本独特の文化、伝統を破壊しようと企んでいると危惧する愛国者は政治家にも企業家にも大勢いると思うが、彼らは、もしかしら、私たちのように 創価学会からの圧力を受けて動けなくさせられているかもしれないのだ。

この国の運命に責任を持たない反日議員や、反日官僚たちを 政界から追放しなければならない。国民が早く、日本の危険な現状に気づいて、国籍法改悪案の、審議やり直しを訴えなければならない。

ネット上では、ブロガーたちが、池田大作の日本乗っ取り(総体革命)と、日本の北朝鮮化に警戒を募らせているようだが、今回の国籍法改正案が通って 更に、そこへ「外国人参政権」や「人権擁護法案」などの成立を画策されると、もうメチャクチャ どうすることも出来なくなる

今回の国籍法改正を廃案にもっていくことは急務である。国籍法については万世一系の平和国家である日本と他の国と比較する必要はない。日本は独自の文化と伝統を持ち、万世一系の天皇家によって秩序が保たれた平和国家である。

公明党が与党入りをした頃から、日本がおかしくなってきた。現在 自殺者が年間33000人いると言われまた精神病が異常に増加している。創価学会の犯罪組織が電磁波兵器を使って あるいは思考盗聴や思考送信などの技術を使って 私たちのような一般人を 理由らしい理由もなくターゲットに仕立て上げ 心身の攻撃をしている また、この犯罪を隠蔽するために 統合失調症や認知症などという病名も次々と作られてきた。

新しい国籍法が実現すると、まず、子供の父親は自分だと名乗る偽装認知が 集中的に大量申請される可能性も考えられるのだ。恐ろしいことである。DNA鑑定もいらないし、赤ちゃんは 父親の顔も判らないので 父親である証言者にもなれない。

「俺がこの子の父親だ」と言えば、それだけで、子供に日本国籍を与えるのだから とんでもないことである。父親である唯一の証拠となるDNA鑑定も義務づけないので、日本人男性のの浮浪者などに大金をちらつかして、偽装認知を迫ることも可能となる。

また、発展途上国から、子供をさらってきて、浮浪者を脅して、偽装認知をさせて、子供が日本国籍を取得した後は、今度は、口封じのため、浮浪者を殺すかもしれない。

そして、更に、更に、悪い人間たちは、さらってきた子供が成長するのを待ち、今度は、売春などさせて 性奴隷として その子の一生を 自分たちの監視下におくかもしれない。

このように、偽装認知が、次から次へと犯罪を生んでいくといった、最悪な結果を招くかも知れないのだ。こうなると、国際社会からの信頼度は落ちていき、闇の勢力たちの思う壺になるのだ。

善意が悪意に変わるとき
DMA鑑定を義務づけない国籍法改悪法案が、そのまま適用されれば、「偽装認知」による犯罪の連鎖が考えられるが、それに対する罰則は20万円以下の罰金か一年以下の求刑といった 軽いものである。

日本に住んでいる中国人一家が、ある男性に自分たちの子供を「認知してくれ」と100万円を渡したとの書き込みがあったが、偽装認知の違反が たったの20万円なら罪を犯してでも偽装認知をする外国滞在者が出てくる可能性が大きい。

「親が結婚していないからといって 生まれた子供が日本国籍を取得できないなんて可哀想」だとか「生まれた子供には何の罪もない」とか「子供の人権」とかいって、善意で 日本国籍を取得させても、結果的に、子供を不幸にし、日本社会を不幸にしてしまっては 誰が責任を取るかである。

スピード採決に隠された「罠
日本は、司法、立法、行政の三権分立が確立している。最高裁が 日本人男性(未婚)と外国人との間に出来た子供に 日本国籍を取得させないのは憲法違反だと判決が出たからといって、即、現行憲法を改正しなければいけないことにはならない。

子供の人権を尊重し、日本国籍を与えてあげようと判断した最高裁の善意の判決を 池田大作のような人間は、すぐに自分たちの日本乗っ取り(総体革命)の作戦の一環に悪用しようと考えたかもしれないのだ。

日本国籍を取得したい子供に対しては、父親が認知後 帰化制度で日本国籍を与えればいいだけの話であり、なぜ、日本国憲法はそのままなのに、以前は 合憲だった国籍法が、今は違憲になるのか おかしいのではないかと思う。

確かに当時と、現在では、時代背景が変わってきている。シングルマザーや 出来ちゃった結婚やフリーセックスなども免疫化されつつある。しかし、そのような日本人の精神的荒廃も 実は意図的に作られてきたと思っている。

よって 社会の荒廃現象を 巧妙に子供の人権などという善意に結びつけた国籍法改正案だと思っている。正式に結婚もしてない外国女性との子供に日本国籍を与えるように法律を改正する理由づけには大いに疑問が残る。

日本に売春目的で入ってきた外国女性が、純粋な未婚日本男性に悪意を持って近づき、子供を作り、その子を認知させ、それを機に 日本に住みつき  日本政府から様々な恩恵を受ける仕組みが合法的に出来上がってくることが予想される。

最高裁判決イコール法改正に繋げる手法は、どうも池田大作の日本乗っ取りと 巧妙に繋がっているような気がしてならない。

国籍法改正法案」「外国人参政権法案」「人権擁護法案」は 反日作戦の一環
今回の国籍法改正案が浮上したのも、「出生後に認知された子だけに 両親の結婚を国籍取得の条件とした国籍法の規定は違憲であり・・・」との最高裁判決が発端となった。

一方、まだ法案採決されていない 外国人参政権法案が浮上したのも、「・・・・外国人のうち永住者などに選挙権を与えることは現行憲法で禁じられていない」との最高裁判決が発端になっている。(上記の記述部分は、法的拘束力のない傍論に過ぎない記述である。最高裁判決の真意は やはり日本国籍を持った日本人でないと参政権は持てないとする判決だったのである。)

帰化もしないで参政権だけ与えろとは虫が良すぎる。在日韓国・朝鮮人らは 精神は韓国・朝鮮に忠誠を誓っていながら、現実(参政権や福祉の恩恵)は欲しいだけの話ではないのか。

日本国籍改正法案も外国人参政権法案も人権擁護法案も、池田大作の日本乗っ取り(総体革命)の野望を実現するための法案であると言われている。これらの法案提出に、公明党がどの党よりも率先して、奔走していることからも窺い知れることである

公明党は、今回の国籍法改正案を 最高裁判決に便乗した改悪法案の契機づくりに利用したのだ。現に公明党法務部会の大口部会長らは「改正案には、わが党の要望がしっかりと反映されている。成立を急ぎたいと話している。また公明党法務部会は、最高裁判決の翌日、鳩山邦夫法務大臣(当時)に対し、判決に沿った速やかな法改正を要望している(公明新聞より)。

このように、国民にを知られないように、こっそりと水面下で日本乗っ取り作戦を目論む池田大作の野望の実現に 公明党が推進役を果たしていると思うのである。

危機感を抱く被害者たち
私は、創価学会に仏敵としてターゲットにされてから30年余、(創価の犯罪と確信したのは去年)運命操作を受け続けている。よって、公明党が扇動していると思われる国籍法改正の目くらましスピード採決は、私たち被害者らに、行っている「集団ストーカーや電磁波攻撃による錯乱幻覚作戦」と同次元のものと感じてしまうのだ。

池田大作の描く「天下取り」構想にに有利に働く国籍法改正案だと思うからこそ、目くらましのようなスピード採決を促したのだと思っている。

日本の大手新聞も創価学会から入ってくる印刷代、広告代で運営が成り立っているようだし、創価に不利になるような記事は書かないから一般国民は何が何やらさっぱり解らなくされている。

まさに創価学会お得意の騙しの作戦 マインドコントロール作戦に 日本国民が 集団コントロールされている観を持ってしまうのだ。

私自身も、公明党の言動に、過敏に反応するようになったのは、創価学会からターゲットにされていることを確信してからのことである。

創価学会の組織犯罪からターゲットにされている被害者たちの中には、集団ストーカーや電磁波攻撃が、総体革命(実質は日本乗っ取り)実現のための戦闘予備訓練ではないかと話す人たちが結構いるようである。

以前 私が夜遅くパートから帰宅した時、ヘリコプターのホバリングで威嚇されたことがある。(勤務先でもあったが) そのとき「もしかして日本の要人追い込み作戦を 私たちのような被害者をスケープゴートにして 予行演習をしているのでは・・・」と思った。

池田大作の野望を目論む数々のネット上での書き込みや著作物を読んでいるうちに、これは被害者しか知らない電磁波を使った犯罪が やがては、日本の国会議員や、何も知らない一般国民に波及するのではないかと深い戦慄を覚えているのである。

殺されるのではないか、統合失調症現象を作って、強制的に精神病院へ隔離されるんではないかと、日々、緊張する毎日を送っているのだ。

慎重審議を求める国民の代弁者たち
自民党と無所属の有志議員は、結婚していない日本人の父親と外国人の母親の間の子供について、父親が出生後に認知すれば、日本国籍を取得できるようにする国籍法改正案の慎重審議を求めていた。

今、自民党と無所属の有志議員の他に 国籍法改悪に反対する運動が全国的に広がっている。その中でもひと際 注目を集めて 精力的に抗議活動をこなしているグループ(日本を護る市民の会  黒田大輔代表)の存在があり、有名な(在日特権を許さない市民の会 桜井誠氏代表)がある。

私は、これらの抗議活動へ直接参加は まだないが、いつも影ながら声援を送っている。私たち被害者が こうして書き込みを行うことで 彼らの存在をアピールするのも側面からの応援なのである。

「生まれた子供に罪はない」という人類普遍の原理は子供の人権云々を超えた問題であり、日本の国籍法改正案に繋げるのはおかしい。 「時代は変わっているから、旧来の国籍法では違憲だ」という理由づけに対して、その考えに疑問を抱く 裁判官たちは「非嫡出子(結婚しないで出来た子供)の場合、日本との結びつきを個別に判断する帰化制度が合理的だ」とする反対意見を述べている。

全くそのとおりである。帰化制度は何のために設けたのか。国籍法改正案と帰化制度は二重にお膳立てされて、日本国籍の大バーゲンさながらの観であると揶揄されているのを 公明党=創価学会は 知って欲しいものである。

国籍法改正案は18日に衆院を通過、本会議でスピード採決されたが、そこまでくる間の経緯や、徹底した論議をメディアは意図的に報道してこなかった。創価学会の息がかかっているメディアだから創価に不利になることは書かないのである。

そうなると 国民も何がなんだか判らない。彼らに懐疑心を植え付けられた被害者には、今回の目くらまし的な 国籍法改正案の採択が、池田大作の意図するものが隠されている策謀としか思えないのだ。

「良心的な自民党と無所属の有志議員たち」は、法務委員会に、法案の問題点や採決先送りを求める文書を提出しているようだが それは我々国民の声でもあるのだ


日本の国際的信用を貶める結果に
今回の国籍法改正案に対し、平沼赳夫元経済産業相も「証拠がなくても認知で日本国籍が取得できる歯止めのない法律だ」と批判しているとおり DNA鑑定もない、日本人男性が「僕の子供です」と言ったら、その子は日本国籍を取得できるのだからいい加減な国籍法改正案であると述べている。

大部分の日本国民は 日本は世界で一番住みやすい安全な国であると信じていると思う。真実を知らないだけであるが。創価学会からターゲットにされている被害者は そうは思わないが・・・。

国籍法改正案の法案が確定すれば、日本では偽装認知が容易に出来るとばかり 悪意を持った者たちによる 世界を股にかけた犯罪の連鎖が起こりうるとも考えられるのである。

今、創価学会の被害者たちに行っているような電磁波兵器を使った加害を、ホームレスの男性などに偽装認知の強要手段として悪用するかもしれないのだ。見えないハイテク機器を使って様々な捏造も創り出すことも可能だと思うからである。

今、ネット上でさかんに書き込まれているのが偽装認知にまつわる組織的犯罪の蔓延の危険性であるが、それは、日本国民一人一人の危機であり、日本国の国権に関わる国際的信用にも繋がっていく重大な問題であることは確かである。

日本のパスポートは 国際的信用度が高く、比較的、多くの国でフリーパスらしい。そのため、盗難、紛失により 不正入国に悪用されやすいと言われている。今回の国籍法改正案が、廃案にならずに、そのまま通過したら海外の日本人観光客のパスポートが一段と狙われる羽目になる


解決法は
●DNA鑑定を義務化すること
●日本在住の独身男性との間に出来た子供だけに日本国籍を与えること
(海外在住の独身日本男性の間に出来た子供には帰化制度が適用されること)

http://empire.cocolog-nifty.com/sun/2008/06/ 

------------------------------------------------------------------------

桜井誠が国籍法改正問題を斬る



「在日特権を許さない市民の会」からのメッセージ

昨日(11/25)、桜井誠会長が、参議院会館前で反対の街頭活動を行ったところ ただ一人立ち止まって演説に耳を傾けたのは民主党の姫井議員。
また議員各事務所をビラ配布訪問した際も、普通は秘書のみ対応するところ姫井議員だけが
直接応対 国籍法改悪問題について真剣に聞き入ってくれていました。

国籍法改悪は必ず偽装認知という犯罪を生みだし、
それはまた支那による日本への人口侵略につながることを訴えます。

姫井参議院議員(民主)に応援メッセージを

-------------------------------------------------------------------------

秋葉原街宣決行 11人が結集

今回、「集団ストーカー認知・撲滅の会」では、秋葉原街宣を決行しました。
今回 は被害者の方が、多数集まってくれました。

街宣のビデオ録画カードを 紛失しましたので、掲載できなくなりました
本当にご迷惑をおかけします 
深くお詫び申し上げます

秋葉原では、先に無差別殺人事件があり、歩行者天国は取りやめになっております
よって、人出も 心なしか少ないように感じましたが、しかし、世間でタブー視されている
創価学会を真正面から糾弾する私たちの街宣に
道行く若者たちは 立ち止まったり
携帯でビデオを撮ったり、話しかけたりしてきました。

「不幸のブログ」の管理人さんが、
今回の街宣を携帯で写してブログに掲載してくれてます大変ありがたく感謝いたします

今回参加なされた方々 遠方から参加なされた方もおりました
大変 お疲れ様でした
-----------------------------------------------------------------------

思考送信 → 合成テレパシーの送信



その日は 朝から 埼玉まで遊びに出かけた。普段は、ほとんど私は助手席に座っているが、
その日に限って、娘が突然声を荒げて『お母さん 運転代わって!」と言った

普段は おっとりした娘だが、その日は なぜか、一人でイラついているように感じた
多分、疲れたのだろうと思って 運転を交代した

私が運転して 15分ほど経つと、右肩路線を「7777」のコンテナトラックがゆっくり通過 
コンテナには沖縄出身の安室奈美恵の写真が貼られている 

その後に 並ぶように 今度は「・・・5」のコンテナトラックがゆっくり通過

7月5日生まれの私 沖縄出身の私 への視線誘導と感情操作である。

この原理はプレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)という「合成テレパシー」の送信である。
アメリカ陸軍がカリフォルニア大学の研究者チームに依頼した技術であり 脳波送信システムを使って「考え」をターゲットの脳内に送信するものである いわゆる思考送信である。

娘に「運転を交代して欲しい」といった思考をパソコンを通して脳内に送信したのである。
このような脳内送信の ほとんどが、本人自らの意思であると勘違いしてしまうものであるが
実際は、自分の意思ではないのだ。

つまり 娘は思考送信されて つまり指令を受けて動いたのである。

原理はオペレーターAが、娘に伝えたいメッセージを「考える=思考する」と、
パソコン上の会話認識システムが、その脳波記録を分析して解読する 

犯人たちの思考が 分析解読され脳波となり パソコンで娘の脳内に送信されたのである

娘に 「脳内送信を受けたとき 何らかの自覚はあったのか」と 聞いてみたが、何となく 
イライラしてきたと答えていた

つまり、本来は娘の意思ではないので、脳波と感情が一致せずに イライラしたのである。
右に行きたいのに、「左に行け」と命令されて動くのと同じである








スポンサーサイト

映画「20世紀少年」から見えてくる日本の姿


政治 ブログランキングへ


映画>「20世紀少年
被害者 必見


「20世紀少年」に込められたもの


映画「20世紀の少年」を見てきた。現在、創価学会から被害を受けている人間として、とても感慨深いものがあった。もし、私が創価学会の被害者でなかったら、この映画を見ようなどとも思わなかったかもしれない。

私が受けている被害が「創価学会」のものであると思ってから、私の世間を見る目、人生観、世界観が変わった。創価学会が 宗教団体としての表の顔に隠れて 総体革命実現の「戦闘部隊」を持っているとの確信を 身をもって実感させられたからだ。

いつ何時、家を出ても、ピタリとパトカーや救急車などと出くわされたり、ヘリが頭上に飛んできたりしたりするトリックは 以前 謎のままだった。学会員たちの人的ネットワークを利用して 携帯などで連絡を取り合ってターゲットを集団ストーカーしているのだとばかり思っていた。

あるいは 盗聴、盗撮で 外出を前もって掴んでいるから 時間にピタリと間に合わせられるのだとばかり思っていた。しかし、ニューロフォン(神経通信)とニューロコンピュータ(人工知能)の技術を悪用すれば 思考のマインドコントロール(思考の送信)が 可能なのだということが 最近 解った。

もしかして、私が、これまで 集団ストーカーを警戒したり、ヘリやパトカーの出現に罪悪感を持たされたりしたのは、外部から思考を送信されコントロールされていたのではと考えるようになってきた。

例えば被害者が公園でくつろいでいる時 上空をヘリが飛んだ。それを 私へのストーカー行為であり嫌がらせだと 思ってしまう思考を 被害者の脳に送信することで、被害者の思考をマインドコントロール下に置く方法であるということだ。

よって、思考のマインドコントロールを受けてない一般人には、ヘリが 自分の頭上に飛んできても気にならないのである。

例えば 被害者Aさんには思考送信せず、一般人Bさんにだけ 「ヘリが気になる思考」を送信したらどうなるか。やはり、Bさんは上空のヘリが気になるでしょうか。しかし、自分への嫌がらせには結びつかないと思う。せいぜい、「どうしたのだろう? ヘリが こんな場所を飛ぶなんて?」と思うかもしれないのだ。

視覚、聴覚、触覚、などの五感全部の脳波パターンを分析してデータ化して保存しておき、ターゲットの脳内に送信する方法を使えば 人々のあらゆる思考や行動を コントロールできるのではないか。

加害者側に有利な思考や、加害者側に有利な結論に誘導することもできる これが出来れば、日本乗っ取り、世界征服は夢ではない。

敵対者 謀反者を自殺させたり、万引きさせたり、事故をおこさせたり、セックスづけにして堕落させたり、裁判で不利な陳述をさせたり、相手の記憶を消去したり、自分たちに有利な裁判も展開させることができることになる 

 20世紀少年では、「ともだち」という謎の教祖が作った宗教団体が友民党という政治団体を作り政界、財界を統制、狂信者たちをマインドコントロール下においていた。

また、細菌兵器を使った無差別テロを、世界の主要都市で起こしていた。

細菌兵器というと、私も高周波出力によるマイクロ波の照射だと思われる加害を受けている。これまで何度か、手や足に火傷が出来た。

突然、皮膚に強力な痒みが生じ、翌日には、火傷の症状となって白い膿みが出来ていくのだ。病院に行っても「原因は解らない」と言われた。

また、包丁も使ってないのに、突然、指に切り傷が出来たりする。これなど、メーザー波かレーザー波の照射だと思われるが、やはり、病院では「原因不明」と言われた。

蚊やダニに食われたりしたら せいぜい、2、3日で直るものだが、これは、細菌兵器だからか、一ヶ月経った今でも、痒みがあり、傷のただれも完治していない。

また、この火傷が出来て2、3日は、「物凄い酷い疲労感」を経験したが、体に菌を注入されたのだろうか。このような極度な疲労感を覚えたのは 私の長い人生上で初めての経験だった。

一体、彼らは、どのような兵器をもって その細菌らしき液体を照射しているのだろうか。以前 謎だらけである。

彼らは、自分たちは姿を隠して、コンピュータとマウスだけで、極秘の被害者をマインドコントロール下に置き 精神を操作しながら、肉体的攻撃を遠隔から実行しているようだ。



照射傷の画像


20世紀少年では、「ともだち」という教祖の正体は、厚い厚いベールの覆われていた。世界征服を目論み、様々な悪事を働き、これらを実行している「ともだち」が創った宗教団体のトレードマークは、9人の幼馴染しか知らな一本指と目の図柄であった。

成人した彼らは、同窓会で顔を合わし、謎の宗教団体「ともだち」が用いているトレードマークについて話し合った。

そのうち仲間が自殺した。また、組織から逃げ出してきた ある人物の凄まじい死に際に立会い ケンジ(主人公)は 悪の組織に挑む決意を固めていく。そして、弾薬を揃え、テロ作戦で巨大宗教組織に決死の戦いを挑むのである。

警察もマスコミも「ともだち」と友民党という政治団体に完全掌握された。ケンジが、子供のころ、描いた「よげんの書」が現実化したのだ。そして、ケンジはいつのまにか、テロ犯罪人として警察からマークされる身となっていく。

私たちのような被害者の中にも、もしかして、ケンジみたいな 運命を背負わされている人がいるかもしれない。

現に公安が集団ストーカーしていると訴えている「ターザン」というペンネームでブログやHPを出されている方には、20世紀少年の現実版のような趣があるのだが・・・。

最近、集団ストーカーの 私を見る目が異様に怯えているのが気になる。私の前に出現する集団ストーカーたちにビデオを向けると、その表情は硬く緊張し、チラっと私を盗み見する その目は、この世で、一番恐ろしい者でも見たような 何ともいえない 恐怖に満ちた表情をしているのだ。

多分、加害者組織が、私たちのような被害者を「危険なテロリスト」とか適当に言って 洗脳している可能性がある。まさに映画「20世紀少年」を地でいくような光景である。

思わず噴出しそうになることもあるが、事は深刻である。

創価学会の池田大作は世界各地で「ガンジー・キング・イケダ展」を開催しているという。ガンジーやキングは非暴力を地でいった偉大な人物であるのに、それと肩を並べる図々しさである。

池田大作は、全員が「勝つ」と強く決めていけ。勝つか負けるか。やられたらやり返せ。世間など何だ―――中略―――反逆者には「この野郎、馬鹿野郎」でいいんだ」と部下を指導しているようだ。

池田の本性は、敵対する者には「暴力の肯定」を積極的に提唱し、学会員を教唆扇動する、エセ指導者だと「池田大作の品格」の著者小多仁氏は述べている。

創価学会の加害組織は 電磁波攻撃と集団ストーカーで被害者を「自滅」の道に誘導していく悪魔のような犯罪手口を実行している。

証拠がとり難いこと、警察を取り込んだこと、マスコミを金で口封じたこと、司法を抑えたことなどを武器に 敵対者を 様々な角度から追い込んでいくのだ。

映画「20世紀少年」に込められた「ともだち」という巨大宗教の陰謀は、もはや映画の世界だけのものではない。

今、創価学会が世界最大のカルト集団であることの危険性とダブってみえてくるのだ。創価学会の集団ストーカー被害に遭っている方は、気を強く持って この歴史的難関を乗り越える覚悟とともに、世間一般に、電磁波兵器を使った犯罪を断罪するように働きかけなければならない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ニューロフォン(神経通信)とニューロコンピュータ(人工知能)下記のHPをご覧下さい
http://cosmos22.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_ecdb.html

集団ストーカー認知・撲滅の会 八王子街宣
街宣の女性は ブログ[創価学会の集団ストーカー ハイテク攻撃」の管理人さんです。
彼女は、前回、池袋駅前や、新宿アルタ前でも街宣をしました。みなさんの応援よろしくお願いいたします

携帯用スタンガン(電磁ガン)ブラックウィドウと呼ばれるもので、攻撃されていると思われる 上記の管理人さんの話を聞いて 糾弾する飛び入り演説者

今回も飛び入り支援者が お二人おられました

2008.11.13(木)撮影 八王子北口駅交番前


カルト創価信者との裁判!八王子駅前街宣1/2


100万円の賠償金は痛い(西平修平氏訴えられる)


私たちの今回の街宣は八王子駅で実践することにした。実は、当日、「主権回復を目指す会」の西平修平氏の初回公判があり、西平氏支援のため出かけた。

13年前に起きた不審な事故死とされている東村山市議・朝木明代さんについて、当時、捜査は 「万引き事件」を苦にした自殺として片付けられたしかし、その後、真相究明に奔走した遺族らの手で、驚愕の新真実が 次々と出てきたのである。

また学会員から各週刊誌などに送られた「投稿」からも 当時の「万引き事件」が捏造された可能性が非常に濃厚であることが知られているようだ

せと弘幸氏は 現職の警察官が内部告発で、「朝木明代元市議を殺害した犯人を自分たちは特定した、3人であった。しかし、検察からの圧力で捜査を断念せざるをえなかった」とはっきり述べた。として、このことを世間に強く訴えていた。

こうしたいきさつから 西平修平氏らは 万引き事件は「でっち上げ」であり、朝木明代市議は 創価学会の謀殺事件の可能性が大であるととして、 当時、この事件の捜査責任者であった 元東村山署副署長である千葉英司氏に確証を求めていたのである

千葉英司氏を糾弾する西平氏の街頭演説に対して 名誉を傷つけられたとして、100万円の賠償金を求めて裁判を起こしたということだ。

100万円は実に大金だ。一介の安サラリーマン(西平氏自身が述べた20万にも届かない給料)に対し、金銭的圧力で挑んでくる手法は 創価学会と似ている

創価学会は、カルトだけあって、これまで何度も貧乏な週刊誌などを訴え巨額な賠償金を巻き上げている。

創価学会の犯罪は、証拠を残さない 巧妙である 姑息であることから、裁判でも難攻を極めるようだ。自分たちが不利な状態に追い込まれると 湯水のように裁判費用を使い とにかく勝つまでは 理不尽な戦略で突き進んでいく手法をとっているようだ

今回の裁判が この問題の深い闇の追求の 絶好の契機となってくれればと祈るばかりです


政治 ブログランキングへ


http://homepage2.nifty.com/shukenkaifuku/     主権回復を目指す会
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/    せと弘幸Blog 「日本よ何処へ」

2008.11.16より掲載

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。