スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このブログを立ち上げた理由

賛同してくださる方クリックおねがいします


政治 ブログランキングへ


私が、当サイト「集団ストーカーとハイテク機器の悪用」を立ち上げようと思ったのは、自分の友人へのお詫びのメッセージと、全国にいる被害者のため、少しでも力になりたいとの思いからである。

10年ほど前、友人のAさんは、創価学会の「嫌がらせ」に遭っていたのだ。彼女とは朝方まで語り合う仲だった。当時、彼女には好きな彼氏がいたが、事情があり叶わぬ仲だった。

当時、彼女は、こんなことを口にしていた。彼は大金持ちだから、警察や弁護士を買収して、私の身辺調査、尾行、盗聴など行っている。部落中が私を監視している。隣の家の人も仕事に就かず、高級車を与えられている。想像できないくらいの人数が私を監視している・・・。と

また、Aさんが台所で、トントントンとキャベツを刻むと、その後、必ず、トントントンと隣から自分が出した音が聞こえてくるとか。視線を感じて、外を見ると、ドアの隙間から覗いている隣人と目が合ったとか。

Aさんが近所の雑貨店に行くと、集まっていた主婦たちが一斉に散らばっていなくなるとか。そのとき、彼女は一言こう言っていた。「この部落は私以外は全部、創価学会なのよ」と。その当時の私にとっては、創価学会はどうでもいい存在だった。関心もなかったので、そのことはすっかり忘れていた。

Aさんは言っていた。毎日、私の家の前の道路を、彼が暴走している。たまにバイクでの暴走もある。クラクションを鳴らして猛スピードで走り去る。夜遅い時間でも暴走している。彼は私に家から出てくるよう合図しているに違いない。でも私は出ないようにしている。だから彼は妬けになって毎日、毎日、同じ事を繰り返しているのだ・・・。と

私は彼女を尊敬していた。しかし、彼女のこういった話を聞く度に、疑問と反感を抱きながら、聞いていた。「プライドが高すぎて鼻持ちならない」と。

あれから6年の歳月が流れた・・・

2004年Aさんの娘さんから電話があった。「母が会いたい・・」と。私は二つ返事で彼女を家に向かい入れた。上京してまもない彼女と積もる話がしたかった。一週間ほど経ったころ、近所に喫茶店がないか二人で捜し歩いた。その時、すれ違う人たちに彼女は「あの人も、この人も、全部、私を尾行しているのよ」と。「私たち二人が入る店に必ず、彼らも客を装って入って来るから」と。

「ここは東京よ どうして社会的キーマンでもないあなたを、そこまで金をかけて尾行しなければならないの? 芸能人じゃあるまいし・・」と私。「あの男(彼女の好きな彼)の家は並みの金持ちではない。私を尾行するのに億という金が動いている・・・など彼女は言った。

しょうがないから家でコーヒーを飲んだ。彼女は窓から外を見て「今、黒い服を着て通り過ぎた女性ふたりは、様子を見に来ている」などと言い出した。「またか」と思った私は、もう本気で怒ってしまった。「お願いだから、ここに着てまで、変な事言わないで!」と。

「あなた、おかしいよ 一度、心療内科に行って相談してきたほうが・・・」と説教した。離婚して、ゼロからの再スタートとなった当時の私。仕事もようやく見つかったばかりで心身とも余裕のなかった私。彼女をこれ以上、家に置くことは出来ないと思った。

Aさんの娘へ連絡して引き取って貰った。「お母さんを大事にしてあげてね 疲れているみたいだから・・」と。今思えば、何て酷い事をしたのだろうと悔やんでならない。今、私が、当時の彼女のような立場に置かれているのだ。彼女と違うところは加害者が創価学会員であることを確信している所だ。

当時、彼女自身、創価学会の「組織的嫌がらせ」に遭っていることを知らなかった。彼女の口から、創価学会からの嫌がらせという事を聞いたことがなかった。10年前にチラッと彼女が漏らした「部落全体が学会員だ」と言っていたのを思い出して、Aさんの「なぞの言動」が溶けたのである。

創価学会の集団ストーカーに遭ってから3ヶ月後、彼女に電話を入れたが通話不能になっていた。彼女の友達にも電話したが知らないと言われた。Aさんの娘の携帯電話も控えてなかった。もう彼女の消息を知る手がかりがなくなってしまった。

今は、彼女に謝りたい気持ちで一杯だ。友人として最低な自分。彼女の無念さを思うと胸が痛い。彼女はパソコンと無縁の生活だ。ネット検索で創価学会の集団ストーカーの実態を把握することは出来ない。よって、今でも、好きな彼が、自分を尾行、監視しているのだと思い込んでいるかもしれない。

10年前、「家の電話は全部筒抜けだ」とか。 銀行行っても、郵便局行っても、スーパー行っても必ず尾行されているとか。「私を尾行するため、何万人という人間を動員し、何億円もの資金を使っている 警察も弁護士もグルになって」云々と言っていた彼女。

そのとき、私は「あなた何様のつもり」と内心腹が立っていた。なぜインテリの彼女が、時々、おかしな事を口にするのだろうと思っていた。精神分裂症の初期症状なのだろうか・・・と。

あれから私の生活環境も一変した。彼女との交流も遠のいていった。今、私の方が、かってのAさんと同じ状況に遭遇している。365日、24時間、加害者たちの盗聴や監視の中ハイテク機器を使った音声送信や、電磁波攻撃などの被害に遭っている。

電磁波被害を受けている方の中には、「創価学会との接点は見つからない」とか、「学会だけではない。別の組織も加わっている」と訴える人たちもいる。また、北海道在住の会社経営者、(篠原俊幸:工学博士)も電磁波被害者である。

彼は、加害行為を行っていると思われる帝国データバンクと、そこへ電磁波攻撃を依頼した元勤務先の役員などを相手に日夜、戦っているようである。この場合、一見、学会とは無関係の電磁波犯罪だと思われるが、職員が3000名以上もいる帝国データバンクのことだ。リスクマネージメントに学会員が紛れ込んでいると考えるべきだ。参考HP

いづれにせよ、ハイテク機器を使った、犯罪行為の根本は、創価学会がだと思っている。彼らは今から25年以上前から、いやまだ先かもしれない。既に電磁波を使って、嫌がらせ行為をしていたと思われる。今のようにPCで情報を検索して、実態を暴露する時代ではなかったから、被害者も被害を実感できてなかっただけだと思う。

彼らの被害に遭ってから、過去に経験した不思議な出来事がオーバーラップしてくるのだ。当時、ある日、突然、原因不明の失声症になり、全く、声が出せない状態にされていたこと。毎日、金縛りに遭っていたこと。心臓の脈拍が、勝手に速まり緊張状態に置かれていたこと。など、電磁波によるマインドコントロールだった可能性が考えられる。また、トントントンと家の中を子供が走り回るような足音も、今の被害状況と全く同じ現象である。当時は、浮遊霊が、我が家に入ってきたのだと思っていたのだが・・・。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私は一週間に3日ほど娘の家に通っていた。孫を習い事に連れて行くためである。しかし、私が行くと、電磁波攻撃が酷くなるので行かない事にした。楽しく夢のある生活が、創価学会の集団ストーカーで魔界のようにされたのだ。

学会の勧誘を無視し続けたのをキッカケに集団ストーカーのターゲットにされた。創価班の牙城会に依頼したのは上階のK夫婦である。よって主犯は上階のK夫婦である。夫婦とも「元ヤンキー」って感じだ。こちらが笑って挨拶しても睨みつけて威圧的態度を取る。K夫婦は娘と同じ年頃だ。

K夫婦の異常な日常生活に疑問を感じながらも寛大な態度を取り続けてきた。今思えば、彼らは最初から落とし穴を作ってひたすら落ちるのを待っていたのだ。悪に鈍感な私たち親子が、ようやく気づき始めたのは引っ越してから2年目である。

加害者グループは孫たちに、真夜中から朝まで電磁波を送り続けている。娘がビデオで取り続けている。最近は孫二人とも急に「痒い」とか「お腹が痛い」とか「歯が痛い」とか「足が痛い」とか言って騒ぎ出すらしい。しばらくほっとくとケロリとしていると。感覚伝送である。

感覚伝送とはいえ、本当に痛がったり、痒がったりして、転がり込むのだから殺人未遂である。娘からのメールで始めて知ったが、10月下旬ごろ、保育園で買ったばかりの孫の寝巻きがなくなり、園内で張り紙などして大騒ぎになったらしい。1週間後、近所の家の前の沿道の草木に置かれていたらしい。

学会員が内部に入り込んで「嫌がらせ」をしているのだ。園児の親なのか、臨時職員なのか、犯人を特定するのは難しい。彼らは学会員であることを絶対に秘密にしているからだ。

また、娘も派遣社員だが、何の理由もなく首になったらしい。よく調べたら、学会系でブラック企業に揚げられていた。創価学会を一日も早く潰さないと日本が危ない。若者が罠にはまって地獄へ落ちる。創価学会の加害者たちは、ターゲットを自殺に追い込むか、精神病院送りにするか、無職に追い込み社会的に抹消するかである。

他の被害者たちからタイトルがズバリだから「やばい」と言われるが、冗談じゃないと思っている。彼らの犯罪が確実なのだから、声を高々に社会に学会の犯罪を訴えていかなければならないのだ。



政治 ブログランキングへ
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。